男女

アウトソーシングで効率アップ|最先端を走るなら

従業員の健康管理

中年男性

従業員数50名以上の会社は従業員に対し「ストレスチェック」を年1回実施する義務があります。未実施の会社に対して、罰則義務は今のところありませんが、将来的に法律が変わる可能性があるので、注意が必要です。また、チェック結果は、事業所を介さず医師から本人に通知する必要があり、ルールに則った実施が必要です。

Read More

給与事務を合理化するには

女性

外部委託で業務を効率化

近年は、経営の効率化という観点からビジネスに付随する各種の業務をアウトソーシングする企業が増えてきました。アウトソーシングの最大のメリットは、軽微な業務を外部委託することで、限らせた経営資源や人的資源を本業に集中的に活用できることです。以前はダイレクトメールの発送などの臨時業務が主な対象となっていましたが、最近は定例業務のアウトソーシングも盛んで、さまざまなタイプのサービスが人気を集めています。そうした定例業務の1つに、給与計算があります。給与計算は、言うまでもなく毎月の給与支払いの根拠となる業務です。現在では便利な給与計算ソフトも普及していますが、オペレーションそのものを外部に委託する例も目立つようになっています。

プライバシーにも配慮

給与計算業務を外部委託する企業は、以前はそれほど多くありませんでした。というのも給与の算出根拠となるデータには従業員のプライバシーに係る事項が多数含まれているため、外部への流出をおそれる風潮があったからです。しかし最近では、セキュリティ体制の非常にしっかりしたサービス事業者が増加してきたため、各企業とも積極的にアウトソーシングを推進するようになってきています。給与計算は税務や会計などに関する専門知識が求められる仕事であり、人材育成には手間と時間がかかります。加えて、税率の改定や社会保険制度の改正など、制度変更にも迅速に対応する必要があります。これらを考え合わせれば、給与計算のアウトソーシングは経営の合理化を推進するに当たって極めて有効な選択肢であると言うことができます。

知的財産権の保護

スーツの男性

日本では特許の先願主義を採っているため、発明をしたらできるだけ早く特許申請を行なうことが重要です。出願書類の書き方によっては却下されたり、特許の範囲が想定と異なったりすることがあるため、専門家に依頼することをお勧めします。

Read More

貸倒損失のリスクを低減

メンズ

企業間における信用取引のリスクを回避する対策を講じておくことは非常に大事なポイントです。貸し倒れ損失を発生させないように与信管理する事や社員全員への認識を共有しておくこと、さらには顧問弁護士との対応方針などが債権管理では重要なのです。

Read More