従業員の健康管理|アウトソーシングで効率アップ|最先端を走るなら
複数の人

アウトソーシングで効率アップ|最先端を走るなら

従業員の健康管理

中年男性

労働安全衛生法の改定

経営者や労務関係に携わる人なら耳にしたことがあると思いますが、2015年から労働安全衛生法が改正され、従業員50名以上の会社においては従業員に対し、必ず「ストレスチェック」を実施する義務が課せられました。現時点では、会社が「ストレスチェック」を実施しなくても罰則規定はありませんが、もし実施していない会社で、労働者が精神疾患などを発症した場合には、「安全配慮義務違反」になる可能性があります。また、将来的に法律が変わり、年1回、50名以上の従業員がいるのに「ストレスチェック」未実施の会社に対して、罰則規定が設けられる可能性も0ではありませんので、常に情報を得る努力をすることが必要でしょう。産業医や、顧問の社労士がいれば詳しく聞いてみるのも1つの手段です。

しっておくべき内容と特徴

そもそも「ストレスチェック」制度が制定されて理由として、近年仕事を理由とする精神疾患が増え、労災認定数も増加傾向にあるため、未然にメンタルヘルスによる不調を防止する策の1つとして実施されるようになりました。これは、従業員のストレスレベルを把握することと、従業員自身にストレスへの気付きを促す効果もあります。ただし、「ストレスチェック」は、ナイーブな問題にも繋がるので、色々と配慮が必要です。その1つとしては、「ストレスチェック」の結果は、医師や保健師から直接本人に通知され、本人の同意が無ければ事業者に提供されることは無いというルールです。また、従業員から申し出が会った場合には、医師による面談指導を実施する義務が事業者にあります。