貸倒損失のリスクを低減|アウトソーシングで効率アップ|最先端を走るなら
複数の人

アウトソーシングで効率アップ|最先端を走るなら

貸倒損失のリスクを低減

メンズ

与信管理の重要性

企業間取引は主に信用取引で取引が行われます。そこで重要なのが債権管理となります。債権管理をしっかり行わないと回収不能な債権が発生するなどのリスクにつながります。そのため与信管理を整備することが大事なポイントになります。与信管理は会社の支払い能力を独自に判断することです。資本金や保証制度の内容などを加味して取引を行う事が可能かどうかを判断することです。与信限度額や決裁権限など明確な基準を設けておくことが大事です。基準を下回る場合には、保証制度を取り入れるなどの対策も講じておくことがリスク回避になります。もう一つ重要なのが社員への債券管理対応能力の向上です。契約を実際にとって来るのは営業社員になります。

常に目を見張らせておく

売上重視の為に与信管理を怠ってはリスクが増加するのみに至ります。そのため営業社員に与信管理の重要性を研修し、締結する前の確認事項に不備がないかを確認することを認識させる必要があります。実際の支払いは契約時期の数か月後になることも珍しくないため、契約締結時に関係社員の法務、財務適応能力を向上させておくことは大事なポイントになります。債権管理は万が一不良債権が発生した際の対策も決めておくことが大事です。素早く対応することで回収できる確率は高まります。顧問弁護士との連携方法などを準備しておくことが大事なポイントです。債権管理では取引先の異常な兆候を事前に察知するなどの管理も重要です。貸し倒れ損失にならないようにすることが大事なのです。