知的財産権の保護|アウトソーシングで効率アップ|最先端を走るなら
複数の人

アウトソーシングで効率アップ|最先端を走るなら

知的財産権の保護

スーツの男性

出願書類の作成を代行

日本では特許権に関して先願主義を採用しています。先に発明した人ではなく、先に出願した人に特許権を与えるという制度です。たとえ画期的な発明をしても、特許申請を後回しにしていると、他人や他社に先を越され、自社の発明に特許料を支払うといった事態になりかねません。いち早く特許申請を行なうことで知的財産権を守り、発明によっては大きな収益を上げることも可能になります。特許申請で提出する出願書類は、その技術分野の専門家が見ても納得できるような、高度な価値を有する文献でなければなりません。また書式にも一定の決まりがあり、不備があれば受付を拒絶されます。特許事務所はこうした面倒な手続きを代行してくれるため人気があります。

先行調査の重要性

最近では個人で特許申請をする方も増えていますが、申請に関する知識を身につけるにも書類を作成するにも、相当の時間がかかります。また出願書類の書き方によっては、特許の範囲が想定と異なってしまい、思うような保護が受けられない場合があります。専門的な知識を持つ弁理士のアドバイスは、このようなコストやリスクを避けるのに役立ちます。特許事務所に依頼するにせよしないにせよ、申請に先立って先行技術を調査しておくことは重要です。すでに発明済の技術であるという理由で、申請が却下されるのはよくあることです。調査をするには特許庁のホームページで特許情報プラットフォームを検索するのが一般的な方法です。また専門の調査機関に依頼することもできます。